2015年4月30日木曜日

弱音を利用する方法とは?

「大切な人」の望みの為に自分の意思は曲げて良いという考え方は美しいです。しかし、それが無意味な長い期間だと知ったならば「大切な人」は悲しむでしょう。

「大切な人」の望みを怠ける口実にし「大切な人」の悲しみにつけ込んで後々も助けてもらおうという計算は生存本能かもしれません。目前の火の粉を消すパフォーマンスとして吐く弱音が「大切な人」に響く期間はそう長くはありません。それは怠け癖が災いし甘え方にも工夫が無いからです。

自発性の送り先は?

小、中、高、予備校、大学、という人生のコースで学生は課題の解決もしくはそれを与る人の要望を探る事を学んできたと思います。私は美大とは各自が課題を設定し自分ならではの解決方法を実践し、その課程で作品という表現をし教授は学生の希望や課題設定が斬新かどうか感じ取り難しい問いを返す存在だと思っていました。しかし、現実は課題に対してあくせくするか、要領よく日々を過ごすかです。課題で縛る背景には、前段階の教育が自発性の先送りをしている為に大学ですら助走段階にならざるを得ない事実があると思います。それでは社会で指示待ち社員が増えるのは必然です。だいたいは卒業製作で初めて自分に向き合い個人制作をする事になります。自由を与えられて悩み、何も出来ない事に焦る学生を何人も見てきました。であるならば早い段階で自由を与えてみたらどうなるか、そもそも個性を重視する美大で一律な対応をする事自体おかしな話です。そこで3年後期からゼミではそれを実践してきました。その結果作品以前に仲間の意味や価値観の違いが浮き彫りになります。それを乗り切る方法として制作行為の有効性に気づけば美大の意味がありますが、怠ける事も自由ですからそのまま錆びてしまうリスクもあります。教授から見れば学生から引き出す意味不明な何かでも、成果として形に残す為に枠=(フレーム)を作った方が良いと考えるに決まっています。しかし、それ自体の必要性を学生自身が感じなければ無意味でしょう。教授に整えられた有利な見た目で社会に出ても直ぐに元に戻ってしまうのです。そこから先がオリジナリティーの他切さを感じれる時間なのに既に離れてしまうのはもったい無いです。ですから何時でも何処でも切磋琢磨出来る時間を作ろうと思っています。

2015年4月28日火曜日

元気は恐怖


せっかく元気がない生き方を表現している若者にとって元気を出せ!
と大人から言われても従う筋合いは無いでしょう。大人の価値観で判断される元気とは何か?答えの虚しさを感じているからこそ無関心を演じている訳です。
アンチテーゼは昔から繰り返されている表現です。ティーンエイジャーという概念が生まれた50年代当時、若者の元気は恐怖でした。それを思えば数十年かけて若者の元気を削ぐ為に政府は努めてきた訳です。若者自ら元気をダサいと思うのであれば、政府の思惑が今、実ったという事になります。

今日はこんな町で夕暮れを迎えます。

夕暮れから始まる事が好き! 





エモーショナル・ファッション

思想や趣味、ファッションなどに自分の感情が加わると強さが増します。気をひく為に幼児が泣くのと同じかもしれません。感情を交えて会話する人には此方も気を使います。そんな人には冷静な意見や本心を話す気も失せます。人は重要な情報を聞き出せないデメリットよりその時の感情が優先するのでしょう。感情は武器であり盾です!物に対する感情が愛着を生み出しますが、逆に愛着に縛られるという事態も起こります。それらの感情が様々な場面で応用されている訳です。物事にファッション性を与え流通、消費を加速させる要素として感情は有効です。しかし、一方でその代償もあるという事です。


Story&Fashion : Battle of the Bulges - 1940s style

Story&Fashion : Battle of the Bulges - 1940s style: あまり効果が期待出来そうもないトレーニングマシーンはファッションのアクセサリーです。 すごく人間的ですね!

2015年4月26日日曜日

FINAL HOME

 
 
 
 


「人の為」という前提を強く信じないと出来ない仕事の背景には精神的、肉体的苦痛を伴う要素があります。「人の為」の仕事の見返りが多額の金銭の場合には自己実現=人の為だと開き直り疚しい気持ちを隠す為により強く「人の為」という看板を掲げ盾にするでしょう。又、個人では納得出来ない場合は組織が盾になる場合もあります。

一方、金銭的なものより精神的な充足を感じる人は「本当に人の為になっているのだろうか?」と、疑問を感じる事もあります。単なる自己満足ではないか?という自問自答を繰り返し、その精神的苦痛も抱えながら活動してゆきます。

善意と偽善の見分けが難しい時代、個人は正直だからこそ組織の片棒を担いでしまう事もあるでしょう。教育もその延長にあるかもしれません。巧みな勧誘から逃れる事は難しいでしょうが疑問を捨ててしまう事が一番危険なことです。


2015年4月25日土曜日

編装会議というコミュニティーをFaceBookに作りました。チェックしてみてください。
https://www.facebook.com/hensoukaigi


Something New「イマジネーションを着る」

物事の価値を発見し情報化する為にファッションは最高のエッセンスになる筈です。

ファッションは衣服を超えて情報そのものと言えます。

オリジナルファションやウエアラブルアートを纏い

食事やお酒、音楽、映像を楽しみながらファションのエッセンスを

感じるパーティー形式の会議です。 

2015年4月23日木曜日

 
 

浅草橋天才算数学習塾にて!

古着ファッションについて語り合うイベントにゲストで
参加しました。

会場に到着早々、流行から開放された服を見ると新たな文脈を作りたくなります。早速コーデ開始!2セット作ったところでお客さんも集まりだし雑談ともつかないトークになだれ込みました。
私が思うに昔、服は親から子に受継れてきました。
繕われる事で新たな表情を見せる着る物語でした。
温もりと刺激のバランスは生きる事と同じバランスを
もっていました。ところが現代ではハイスピードで提供されるファッションと比例して古着も大量発生します。人々が自分のオリジナルを見つけ出す時間を奪い混乱させる事で消費を促進させている気がします。ファッションはデザイナーやアパレルメーカーだけが作るものではありません。むしろ生活から生まれる唯一の物語に魅力を感じます。





2015.04.13 HAPPENING

Cell Dress

http://www.fashionsnap.com/news/2015-04-14/kosuke-tsumura/

http://your-happening.jp/2015aw/mail/

2015年4月1日をもちまして(株)A-netから独立する事になりました。イッセイミヤケインターナショナル、三宅デザイン事務所、A-netとあわせると30年は在籍していた事になります。
仕事と学び同時に冒険も経験出来た貴重な時間でした。合わせてA-netが行ってきたファイナルホームのビジネスも終了となりますが「究極の家は服である」というコンセプトは不安定な社会や自然災害などに個として立ち向かう礎として掲げたものです。このコンセプトを基にFINALHOMEはプロジェクトとして活動を続けるつもりです。
今後もワクワクする活動を行っていこうと考えておりますのでよろしくお願い致します。
新たにホームページを立ち上げましたのでご覧になってください。
...