2015年12月18日金曜日

FINAL HOME Episode 1


 
FINAL HOMEはブランドが先にあってデザインされたプロダクトではありません。

突然のインスピレーションを服の形を通じて機能させたものです。

命名と同時にマークも私がデザインしました。サンプルを自作しコンセプチャルアートとして多方面のプロダクトと共作していこうという考えの元にスタートしました。

FINAL HOMEの根幹でもあるザバイバルライフを実現する為には

量産が必要でした。それを可能にする為にファッション性を強調しアパレルの流通に載せる必要がありました、、、、、、